芸能

『半沢直樹2』続編決定!いつ?あらすじと最終回で半沢が出向させられた理由

更新日:




ひまぱんだ
こんにちはー

 

半沢直樹って久しぶりに聞いたわ(笑)
忙しいトリ

 

今回は、7年という歳月を経てドラマ『半沢直樹』の続編が決まったという情報を聞きつけたので、いつ始まるのか、どんな話になるのか。

また、続編を見るにあたって、前作を忘れてしまっている人の為に、今までのドラマのあらすじと前作で多くの人が感じた疑問の真相について詳しくお話していきたいと思います。

2020年4月『半沢直樹2』続編決定!

出典元:tvguide

今作では同小説シリーズの「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を原作に、半沢が銀行から出向先の「東京セントラル証券」に赴任するところからスタート。出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突きつける相手に「倍返し」できるのかが見どころになる。ドラマを制作する伊與田英徳プロデューサーは「大変うれしく思います。皆さんに感謝の倍返しができるように、全力で準備していきたいと思います」とコメントを寄せている。

引用元:tvguide

7年の歳月を経て2020年4月に半沢直樹・続編の放送が決定致しました!

ひまぱんだ
どんな話になるんだろうねぇ

 

左遷(出向)されたところからスタートするみたいやで
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
あぁ、納得できなかったからよく覚えてる。。。

 

あれって良い出向らしいで。まぁ、それは後で詳しく話そか
忙しいトリ

 

前作のあらすじについて触れる前に、続編が今後どういう風に話が進んでいくのか、まずはお話ししたいと思います。



続編のあらすじ

出典元:Amazon

前作のドラマは、半沢直樹シリーズと言われる一作目『オレたちバブル入行組』、二作目『オレたち花のバブル組』が元になっていた事から、続編のドラマの方では三作目『ロスジェネの逆襲』、四作目『銀翼のイカロス』が元になると思われます。

三作目『ロスジェネの逆襲』のあらすじは以下の通りです。

2004年、半沢直樹が子会社の東京セントラル証券に出向になって約2カ月。同社を訪れた電脳雑伎集団(電脳)の平山社長夫妻が、東京スパイラル(スパイラル)を買収し、その上でアドバイザーになってもらいたいと申し入れて来る。

スパイラル側が容易に買収を受け入れるとは考えられず、敵対的買収になるであろうことが予見されたが、東京セントラル証券は業歴が浅く、大型買収のノウハウも持ち合わせていないため、半沢は乗り気ではなかったが、部下の諸田はこの案件で見込まれる巨額の手数料が入る大きなチャンスを逃すまいと、腹心の部下たちで編成したアドバイザーチームにスキームを練らせる。

引用元:wikipedia

 

ひまぱんだ
ながいなぁ。トリさん、要約して~

 

半沢がいる証券に、『買いたい会社があるんです』ってお客さんがきたんやけど、その案件を銀行に横取りされちゃうんよ
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
あぁ、それでまた倍返しって事ね(笑)

 

仕事を奪った銀行もそうやけど、証券内部に、銀行に対して情報をリークした裏切り者もいるって事やね
忙しいトリ

 

出典元:Amazon

四作目『銀翼のイカロス』のあらすじは以下の通りです。

物語は半沢が他部署が行っていた民間航空会社・帝国航空の業績悪化に伴う修正再建の担当を指名されるところから始まる。同時期に政権が交代し、白井亜希子国土交通大臣(アホ)がイメージ戦略の為だけに帝国航空の再建案を取り下げ、私設のタスクフォースを立ち上げる。その帝国航空再生タスクフォースのリーダーである及原正太弁護士(大物クズ)から、東京中央銀行は債権500億円の放棄を迫られることになる。その500億円の債権放棄を巡って、半沢直樹が闘っていく物語になっている。

引用元:forest-lover

 

ひまぱんだ
トリさん、よろしく~

 

銀行に戻った半沢直樹が、ある航空会社に融資した500億円の債務放棄をかけて政治業界と戦いを繰り広げるって話やね
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
債務放棄ってなに?

 

航空会社に銀行が貸した500億円をチャラにするって事。政治家から、チャラにしろって半沢直樹が圧力をかけられるんよ
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
あぁ、それでまたまた倍返しって事ね(笑)

 

簡単に要約すると、続編二期の内容は以下のような感じです。

二期あらすじ

出向先の東京セントラル証券から話はスタート

・出向先で仕事を銀行に奪われる

・倍返しだ!

倍返しを果たして、銀行に再び返り咲く半沢直樹

・500億円の債務放棄をめぐって、政治家とバトル

・倍返しだ!

 

ひまぱんだ
なんとなくは、わかったかも

 

じゃあ、今度は7年前のいままでの話も振り返っていこか
忙しいトリ




前作『半沢直樹』1~5話のあらすじ

主人公・半沢直樹は大手都銀の東京中央銀行にバブル期に入行し、今は関西支店の中でも中核店舗とされる大阪西支店で融資課長を務める。上昇志向の強い支店長浅野匡の強引な命令により5億円の融資を行った「西大阪スチール」が、融資の直後に倒産してしまう。半沢は、西大阪スチールの経理課長、波野に問い質し帳簿を調べると、明らかに粉飾の痕があることに気付く。そこで社長の東田満に事情を聴くが、東田は開き直った末に失踪してしまう。5億円の融資失敗に怒った浅野は「粉飾を見破れなかった」として、半沢にすべての責任を押しつけ、知らぬ顔を決め込む。

引用元:wikipedia

 

ひまぱんだ
相変わらず長いって。。。

 

簡単に言うと、上司に5億円の損失の責任押し付けられたけど、五億取り返して裏で二人が繋がってることも調べ上げて倍返しって感じやな
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
小木曽とか、黒崎って何してたんだっけ?

 

小木曽は、半沢の粗探しをしてすぐにでも半沢を出向させようとしてたんよ。黒崎は国税で、元々東田が隠し持ってる金を差し押さえようとしてたって感じやな
忙しいトリ

 

1~5話あらすじ

・出世のために浅野支店長はどうしても融資100億円を達成したかった

・さらに株で失敗しお金にも困っていたので東田と結託

・融資課長の半沢に半ば強引に融資を通させる

浅野支店長が本部で全責任は半沢にあると触れ回る

・半沢は5億円回収に奔走するも、国税調査、裁量臨店、雑務押し付けで邪魔される

未樹の協力で東田の隠し口座をみつけ12億円差し押さえる

・東田と浅野支店長が繋がる証拠を突き付けて倍返し

・口外しない代わりに東京本店営業第二部に栄転させるよう要求する

 

半沢は浅野支店長と東田の繋がりを証明する通帳を見せ、土下座をさせて見事に倍返しを果たしました。

そして浅野支店長の力によって栄転(出世)した半沢直樹は、次に東京中央銀行東京本店営業第二部に配属されます。




前作『半沢直樹』6~10話のあらすじ

ドラマの6話目は東京中央銀行東京本店営業第二部次長に着任してから1年経ったところから始まります。

大阪支店から東京中央銀行営業第二部次長に栄転した半沢直樹は、法人部管轄の老舗ホテル「伊勢島ホテル」の再建を押し付けられることになる。同族経営の伊勢島ホテルは、羽根夏彦専務らが経営再建のため、正義感の強い経理部長の戸越茂則を追い出して実権を握り、社長の湯浅威をも追放しようとする動きを起こしている。しかも、二百億円の融資後、莫大な損失が出たことを東京中央銀行側が把握できないのに、ライバル銀行が把握していたなどの不可解な事実が見つかった。

そんな中、銀行に金融庁検査の通知が届く。主任検査官・黒崎駿一により、ホテルの経営再建計画が進まず融資の回収がおぼつかないと判断されると、融資の判断責任が問われ、倒産防止のため数千億円の引当金が命じられる。銀行の信用問題と業績悪化とを憂慮した頭取の中野渡が、半沢に申し分のない再建策作成を命じる。

引用元:wikipedia

 

ひまぱんだ
疎開資料が半沢の家にあるってリークしたのってだれなの?

 

それは黒崎が岸川を脅して聞き出したか、黒崎が半沢の家にあるって決めつけて嘘をでっち上げたんやと思うで
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
銀行側からリークするメリット何もないもんねぇ

 

6~10話あらすじ

伊勢島ホテルの羽根専務が資産運用失敗で120億円の損失を出す

・それに気づかず半沢の同期だった時枝は200億円の融資を実行

・白水銀行の油山は、資産運用失敗を内部リークによって知り融資ストップ

・大和田は、頭取を陥れるため120億円の損失を隠して伊勢島を利用する

伊勢島の再建案を大和田が出すことで、内部の支持を集め頭取を退陣に追い込む計画をたてていた

・半沢が娘の結婚話をダシに岸川に圧をかけ、岸川が大和田を裏切り、田宮社長が大和田の妻に迂回融資をしていた事実が明るみに出る

・岸川の証言により、大和田と伊勢島の関係も明かし倍返しを果たす

半沢は頭取に東京セントラル証券へと出向を命じられる




前作の疑問を全部ネタバレ【番外編】

出典元:blueSea

前作『半沢直樹』で、多くの人が感じた疑問への回答をおまけとしてまとめておきたいと思います。

多くの人が気になる疑問

半沢直樹がラストで出向させられた理由

②大和田が出向させられなかった理由

なぜ伊勢島に1500億も用意しないといけない?

④原作との違いは?

 

ひまぱんだ
そういえば、よくわかってなかったなぁ

 

詳しく解決していこか
忙しいトリ

 

半沢直樹が出向させられた理由

出典元:blog.goo

半沢直樹の出向人事について。このドラマでは再三再四、出向は片道切符の「悪いモノ」的なイメージで語られ続けていますが、現実は必ずしもそうではなく、“一回休み”的な待避ポストとしての外部出行も存在します。特に今回の半沢氏への辞令は、グループ内証券会社と思われる先への営業企画部長発令です。同じ金融機関への出向は、銀行業法上本体では取り扱えない金融業務を身につける場でもあり、将来の役員候補に対する教育的出向であると理解できるものでもあります。

しかも、関連会社の職位はひとつ下の職位が本体の対応職位であり、営業企画部長という部長職は本体でば副部長がそれにあたります。すなわち本店次長職の半沢氏にとっては昇格人事であり、不満を感じるべき異動ではないのです。外部出向時に昇格人事で外に出すと言うのは“片道切符”ではあり得ないことなので、この点からも半沢氏の出向が片道ではないことが分かります。

引用元:blogos

 

ひまぱんだ
要は、敏腕バンカーの半沢を鍛えるために出向をしたってこと?

 

そういう事。あとは金融庁に半沢の態度を指導するように言われてるから、金融庁に形式上は出向して対処しましたってポーズを取りたかったんよね
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
それでも、出向されるって事は降格したって事でしょ?

 

銀行全体でいえば、次長から副部長やから、立場上は昇進してるんよ。もし、片道切符なら昇進なんてありえないわけよ
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
なんだ、良かったぁ~。中野渡頭取が実は悪い人なのかと思った💦

 

大和田が出向させられなかった理由

出典元:NAVER まとめ

まず、大和田常務の降格という処遇について。ドラマの中で本人も「懲戒解雇になっても文句が言えない立場」と口にしていましたが、結果は外部出向でもなく平取締役への降格止まり。半沢の同期が、合併行の融和を重んじて相手行トップを完全掌握することを狙いとした頭取の温情人事であると言っていましたが、私はその見方は全くのはずれとは言わないもののあくまで付随的な理由であると思います。

最大の理由は、中野渡頭取自身の保身でしょう。定例の役員異動でない時期に№2の常務を更迭するなら、「東京中央銀行に何事があったのか」と大問題に発展しかねません。それが役員の家族企業への迂回融資であったなどと分かったなら(話題になればたいてい関係者からリークされます)世間的には大事件であり、対金融庁上もタダではすまされない問題に発展することは想像に難くありません。さらには銀行の信用問題にも発展するでしょう。そうなればすなわち、頭取の責任問題は回避できません。単なる降格人事であるならば、「与信管理上の責任をとらせた」等々理由はいくらでもつけられるのです。

引用元:blogos

 

ひまぱんだ
中野渡頭取は、東京第一と旧産業中央の対立を無くしたかったって事ね

 

あとは、中野頭取自身の保身の為やね
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
え?そうは見えなかったけど。。。

 

大和田が懲戒免職なんて事になれば、何があったのかバレるし。それで銀行の信用が落ちたら自分の立場も危ないからね
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
ただのいい人かと思ってたけど、結構クレバーな人だったわけね

 

なぜ伊勢島に1500億円も用意しないといけない?

出典元:ameblo

①引当金とは実際に現金を支払う訳ではなく、引当金繰入額という費用として計上しなくてはならず、その費用を計上するということは、利益を押し下げることになり、頭取が経営悪化の責任を問われるということですね。なので常務が頭取を引きずり下ろし自分がその椅子に座りたい訳です。
②ホテルが破綻してしまうと、ホテルに融資していたお金を返してもらえなくなる(貸し倒れ)状態になります。なので先ほどの引当金を計上しなくてはならなくなります。1500億ほどの引当金ということは、少なくとも1500億以上の融資を行っていることになります。簡単に言うと、1500億貸して1500億踏み倒されたら丸々損失デスよね?破綻するかもしれないという事は融資したお金が返ってこない可能性が高いって事です。

引用元:yahoo知恵袋

 

ひまぱんだ
何度読んでも分かんないや(笑)

 

わからんとおもって画像にしてみたで!
忙しいトリ

 

 

ひまぱんだ
う、うーん?

 

結局お金足りないからトイレ直せなくて、経営できない状態なわけ
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
だから?

 

それを見た金融庁がその店アカンね!お金取り戻せないと思うから、今年の利益はそこに融資した金額分を引いて報告してねって言うねん
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
ほいで?

 

周りからしたら、その年の銀行の売り上げが急激に減るから信用問題とか、株価がすんごいことになるのよ
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
なんとなくは分かったかも。。。

 

専門用語で説明させていただくと大変分かりにくくなるので、例え話にしてみましたが、所々その説明で本当にいいの?ってところもあると思うので、なんとなく雰囲気だけでもわかっていただけたら幸いです。

もっと、小学生にでも分かりやすいような例えがありましたら、その時は教えていただきたいです。




原作との違いは?

出典元:Amazon

特に気になった原作との違いを簡単にまとめました。

ドラマと原作の違い

・原作では半沢の父は死んでいない

・原作の半沢の妻は、常に切れているキャラ

・黒崎のキャラが原作では全然薄い

・原作では半沢に弟がいる

・原作で半沢に出向を告げたのは上司の内藤

他にも、剣道の描写など細かなところで原作とは異なっていたようです。




まとめ

ポイント

・半沢直樹続編決定!

2020年4月頃放送予定

・半沢の出向はあくまで良いもの

・原作では父は死んでいない!

これで今日の井戸端会議は終了です。

それでは、また(^^)/



-芸能

Copyright© 暇人たちの井戸端会議 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.