みなさんは朝洗顔をするとき、石鹸は使ってますか?それともお湯だけで必要な皮脂だけは残す洗い方をしますか?ここでは洗顔等スキンケアに関しての情報を集めてますので、なかなか今のスキンケアがすっきりしないという方はこちらをご覧ください。

朝のスキンケアって何が正解?

朝洗顔、石鹸は必要?

朝洗顔では、石鹸などはつかわずにぬるま湯や水飲みで顔を洗う方法があります。正しく洗顔することで、古い角質を落とし、ターンオーバーの促進ができます。洗顔しない状態では、汚れが肌の表面を塞いでしまうため、古い角質がたまり厚くなったります。さらに垢として排出されるはずのメラニン色素が残ってしまい、シミへと変わったりして、老化現象が出やすくなります。また、化粧水や美容液などでスキンケアを行っても有効成分が浸透しにくいです。洗顔していない肌にスキンケアをおこなっても肌の表面ではじかれてしまうため、一時的には潤ってもすぐに蒸発して乾燥します。肌の潤いを保つためには、肌内部にまでスキンケアの有効成分を届ける必要があります。
石鹸などの洗顔料を使うかどうかは、肌質によって異なります。乾燥肌や敏感肌の場合は、石鹸などは使わない洗顔の方が適しています。乾燥肌や敏感肌の人は、バリア機能が低下しています。石鹸などの洗浄力によりバリア機能がさらに破壊されてしまうと肌の負担が増えてしまいます。さらに、適度に皮脂を残すことで乾燥の悪化を防ぐことができます。乾燥肌の人は、この皮脂が少ないためバリア機能が低下した状態です。その結果、水分を肌内に閉じ込めることがうまくできずに乾燥を引き起こします。
普通肌やオイリー肌、混合肌の場合は、洗顔料を使った洗顔の方が良い場合があります。乾燥肌や敏感肌の人とは異なり、余分な皮脂が多いからです。皮脂が残りすぎていてもターンオーバーは正常に行われないため、洗顔料を使って落とす必要があります。
肌質は、年齢によっても変化するため、10代20代のうちは皮脂分泌量が多い人でも加齢に皮脂量は減少するため、肌質は定期的にチェックすることです。

■肌トラブルでお悩みの方にはトレチノインで治していきましょう
トレチノインで肌キレイ