芸能人の黒い噂

拳月(けんむーん)こと相良正幸の現在がクズすぎてヤバい!リーダー逮捕後は他の半グレ勢力が拡大中?

 


ひまぱんだ
なんか、ポケモンみたいだね(笑)

 

拳と月で「けんむーん」やな(笑)
忙しいトリ

 

この記事で分かる事

・拳月(けんむーん)こと相良正幸の現在

・プロフィール

・過去の経歴(逮捕歴)

・ケンカは強い?キックボクサーとしての実力

・アビスグループとの関係性

・同じ道場の先輩格『サップ西成』(金城旭)も逮捕

・それによって、他の半グレ集団がミナミで拡大中か

・世間の声

今回は、半グレ・拳月(けんむーん)で有名な相良正幸についてお話しさせていただこうと思います。

拳月(けんむーん)こと相良正幸の現在がクズすぎてヤバい!

結論から申し上げますと、拳月(けんむーん)こと相良正幸は、2020年1月に対立する半グレを呼び出すため10代の少女を取り囲み脅した罪で捕まった後、懲役判決など実刑を宣告されることなく保釈され、現在、自由な生活を送っていると考えられます。2020年1月の逮捕を含めこれまでに5回逮捕されておきながらNHKの密着特集の際に、「捕まるようなことはしていない」と発言しており、言動と行動の相違から再度逮捕される可能性が高いです。

そこでこちらの記事では、拳月(けんむーん)こと相良正幸について掘り下げて考察していきたいと思います。

動画の要約

・半グレの大まかな説明
・警察の半グレの対策本部の様子
・暴力団と半グレの組織図の違い
・半グレの方がしっぽをつかみにくい
・半グレの悪事の実態について(女性を性風俗に落とすなど)
・被害者女性の声
・大阪ミナミの半グレの様子
・保釈中の拳月とテポドンの密着特集
・拳月は暴力担当
・拳月が半グレと呼ばれていることについての反応
・拳月は半グレを意識していない

少女を脅して対立グループのメンバーに電話をかけさせたとして、大阪府警捜査4課は21日、強要容疑で大阪市中央区の元格闘家相良正幸容疑者(35)ら2人を逮捕した。
相良容疑者は「拳月(けんむん)」のリングネームで「K-1」などの格闘技大会に出場した経験を持ち、11年には長島☆自演乙☆雄一郎に判定負け。現在は大阪市内の繁華街・ミナミを拠点とする半グレ集団「拳月グループ」のリーダーをしている。

引用元:日刊スポーツ

 

ひまぱんだ
NHKってこういう放送もするんだね

 

まとめて一掃して欲しいな
忙しいトリ

 

プロフィール

拳月(けんむーん)こと相良正幸は、韓国籍のデマが噂されていますが奄美大島出身の36歳男性で、拳月の名前は奄美大島の妖怪「水蝹(ケンムン)」が由来とされています。関西にやってきてからは、大阪ミナミの半グレ組織O7(アウトセブン)のリーダーをしており、同組織No.2にはテポドンこと吉満勇介(籠池勇介)がいます。
けんむーん 相良正幸 韓国 インスタ アウトセブン

出典元:YouTube

プロフィール

・本名:相良正幸(さがら まさゆき)

・生年月日:1984年5月14日(36歳)

・出身地:鹿児島県奄美大島笠利町出身

・学歴:奄美市立赤木名中学校

・職歴:元キックボクサー

・Instagram、Twitter、YouTube、Facebook:なし

相良容疑者は、NHK総合で昨年7月29日に放送されたNHKスペシャル「半グレ 反社会勢力の実像」に出演。ミナミの街を歩きながら「拳(こぶし)、見せたるわ。今まで何百人、何千人もどつき回してきた拳やからね」などと語っていた。

引用元:日刊スポーツ

 

ひまぱんだ
同じ空気吸いたくない存在

 

日本人の恥やな
忙しいトリ

 

過去の経歴(逮捕歴)がなかなかヤバい!

拳月(けんむーん)こと相良正幸は、これまでに5回逮捕されている過去があります。出身地奄美大島で自然に囲まれ喧嘩に明け暮れ、中学時代にはすでに握力が73(リンゴを片手でつぶせる)あり、キックボクシングのリングに上がる前は関西地方でストリートファイトをしていたと噂されています。
けんむーん 朝倉 負け 強さ ストリートファイト

出典元:blog

警察を動かすほどの問題を起こし始めたのは、2014年からになります。

過去の経歴(逮捕歴)

・2014年02月:格闘技イベント出場相手を脅した疑い
・2017年09月:傷害罪の疑い
・2018年09月:詐欺の疑い
・2019年10月:強制性交等の疑い
・2020年01月:脅迫の疑い

相良容疑者は19年10月、ミナミの飲食店で女性従業員の胸をもみ、個室トイレに連れて行って暴行を加えた上、無理やりキスをして、わいせつな行為をさせた強制性交の疑いで逮捕された。16年7月にも大阪・東心斎橋の路上を歩いていた際、前から来た乗用車とトラブルになり、車から降りた男性を殴るなどし、1人に頭蓋骨骨折の重傷、もう1人に打撲などのけがを負わせ、傷害の疑いで逮捕。17年12月に大阪地裁で懲役1年・執行猶予3年の有罪判決が出ていた。

引用元:日刊スポーツ

 

ひまぱんだ
脳筋は喧嘩しかできないの?

 

海外の無法地帯に放流すりゃええのにな
忙しいトリ

 

ケンカは強い?キックボクサーとしての実力は?

拳月(けんむーん)こと相良正幸は、喧嘩とストリートファイトに明け暮れた日々を過ごしたのち、半グレ・山根真一経営の山根道場に入門し、地下格闘技「強者」の看板選手となり、2014年の問題を起こす前年2013年12月まで活躍していました。

相良正幸は、長島☆自演乙☆雄一郎選手との試合でバッティング、金的攻撃、挑発行為、そして実力不足などが目立ち、またアルトゥール・キシェンコ選手との試合では、一方的な試合でリングに伏しています。そのため例えば朝倉未来選手と戦った場合、強さの違いを見せつけられ負けてしまうくらいの実力であると考えられます。

キックボクシング戦績

・7試合4勝(TKO2回判定2回)3敗(判定3回)
・2013年12月21日負け:対アルトゥール・キシェンコ
・2013年08月10日勝ち:対小林準
・2013年05月12日勝ち:対近藤大成
・2011年09月25日負け:対長島☆自演乙☆雄一郎
・2010年03月13日勝ち:対タイバン
・2009年09月13日勝ち:対庵谷デビルマン鷹志
・2008年11月02日負け:対銀次郎

キックボクシングのリングに本格的に上がる前は、関西地方を拠点にし、主にストリートファイトに明け暮れている不良の若者たちを起用した半グレ地下総合格闘技大会「強者」(2013年2月解散)の看板選手として闘っていた。

引用元:wiki

 

ひまぱんだ
キックボクシングも中途半端の強さ

 

弱い相手にしかイキれないんやな
忙しいトリ

 

アビスグループとの関係性は?

拳月(けんむーん)こと相良正幸は、07(アウトセブン)のリーダーでしたがもともと地下格闘技「強者」の選手でした。またアビスグループも同じく強者から派生した半グレ組織であり、同じ組織から分かれた存在となります。
けんむーん 組織図 アビス アウトセブン 強者

出典元:ameblo

アビスグループのリーダー・菅野深海(21歳)もかつてアマチュアキックボクシングをしており、格闘技界の先輩後輩という関係になります。現在は、大阪ミナミでしのぎを削りあう対立組織として、敵対している関係となります。

驚きの実情も語った。元々「拳月グループ」は格闘技団体であった「強者」の流れを組む集団であったと言われていたが、実情は違うというのだ。「「強者」から分かれたのは「アビス」と「07(アウトセブン)」です。そやけど「07(アウトセブン)」は実際にはもう存在しません。だから、「拳月グループ」が「07(アウトセブン)」の流れを組んだのではといわれていたわけですが、幹部のテポドンは格闘技上がりでも元強者でもない。前に「拳月グループ」のメンバーにも確認したのですが、「わしらはアウトセブンとちゃうしな」言うてました。

それに、今はミナミで「07(アウトセブン)」という名前も「アビス」も聞きません。元アビスとみられる若い子らはさっきも言うたようにミナミに戻ってますけど、名前変えてまた新しいグループ作ってるのとちゃいますか。元々あいつら分かりにくいんですわ」と語る。(前出大阪半グレグループ幹部)

引用元:infoseek

 

ひまぱんだ
全員逮捕できないのかな

 

汚物は消毒やな
忙しいトリ

 

同じ道場の先輩格『サップ西成』(金城旭)も逮捕

拳月(けんむーん)こと相良正幸は、「サップ西成」こと金城旭と同じ道場「山根道場」の先輩後輩という仲で、相良正幸が道場に殴り込みをし、金城旭に負けたことから格闘技の道に進みました。そんな先輩の金城旭も格闘技の大会で妨害行為を行い、後に被害届を提出され逮捕されています。

動画の要約

・大阪西成の山根道場
・相良正幸と金城旭のインタビュー
・喧嘩やスポーツで飯を食う自信があった
・ストリートファイトの大会で名を売る
・強さ自慢と西成のすたれた風景紹介
・試合ダイジェスト

「同じたこ焼き屋が隣に来たら、腹立つわな」。歴戦の“猛者”である格闘家・前田日明(あきら)さん(55)に、“強者”の男たちはそう詰め寄ったという。大阪市内で昨年9月、前田さんらが主催する格闘技大会「THE OUTSIDER(アウトサイダー)」が妨害され、一時中断する事件が起きた。威力業務妨害容疑などで逮捕されたのは、かつて関西を中心に同種の大会を開いていたアマチュア格闘技団体「強者(つわもの)」(昨年2月解散)の元関係者だった。捜査を担当したのは、暴力団事件を扱う大阪府警捜査4課。逮捕された5人は捜査4課の調べに対し「事前に大会開催のあいさつがなかった」など、まるで漫画に出てくるヤクザのような動機を話しているという。

逮捕されたのは強者元幹部で自称露天業、金城旭容疑者(36)ら5人。金城容疑者は「サップ西成」のリングネームを持つアマチュア格闘家でもあった。

引用元:産経新聞

 

ひまぱんだ
似た者同士だね

 

なんでこんなに喧嘩っ早いんやろな
忙しいトリ

 

それによって、他の半グレ集団がミナミで拡大中?

O7(アウトセブン)のリーダー・拳月(けんむーん)こと相良正幸をはじめ、No.2のテボドンこと吉満勇介(籠池勇介)、サップ西成こと金城旭、アビスグループの菅野深海など、半グレ組織の大物が逮捕されたことで、半グレ組織の組織・勢力は複雑になりつつあります。そのため新興勢力が出てきたり残党が別の名前で半グレ組織を形成していたり、警察の目をかいくぐり今もなおしのぎを削って争っているという形になります。
けんむーん サップ西成 現在 山根道場

出典元:Twitter

こういった理由から大阪ミナミでは半グレ集団が消えることはないし、うまい汁を吸おうと集まった若者たちによってどんどん拡大していると考えられます。

「拳月グループ」のリーダーの相良正幸被告が保釈中で、幹部のテボドンこと籠池勇介容疑者が再逮捕を繰り返している事実から、大阪府警本部が彼らの壊滅を目指していることに間違いは無い。半グレの大物の逮捕などで勢力図が変わりつつある大阪・ミナミの半グレ。しかし、いくら逮捕されても新たな半グレは生まれて集まっていることは事実だ。それが縦の結束が緩く、横の結束で細く繋がっている半グレの特徴であろう。

引用元:infoseek

 

ひまぱんだ
繁華街に若者が集まるとろくなことないね

 

若者がこういうのに憧れてる時点で消えんやろな
忙しいトリ

 

世間の声

拳月(けんむーん)こと相良正幸は、逮捕の回数が多いのと行動がダサいという声が複数あります。

 

ひまぱんだ
十代女子相手に複数人ってダサすぎ

 

一人じゃ何もできないんやな
忙しいトリ

 

拳月(けんむーん)こと相良正幸は、格闘家の恥として有名になっているようです。

 

ひまぱんだ
格闘技界に泥を塗るのが仕事ですね

 

年齢的に格闘技も半グレも引退やろな
忙しいトリ

 


まとめ

今回は、半グレ・拳月(けんむーん)で有名な相良正幸についてお話しさせていただきました。

ポイント

・拳月は2020年1月逮捕後保釈され自由の身

・奄美大島出身で妖怪が名前の由来

・これまで通算5回の逮捕

・格闘家として実力は普通で反則など卑怯

・半グレアビスとは同じ地下格闘技の選手同士

・同じ道場同士のサップ西成とは先輩後輩関係

・大阪半グレは連続大物逮捕で複雑化

・逮捕歴や行動がダサく格闘家として恥じ晒し

これで今日の井戸端会議は終了です。

それでは、また(^^)/

 


-芸能人の黒い噂

Copyright© 暇人たちの井戸端会議 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.