芸能

樹木希林の娘・内田也哉子は才色兼備で英語もペラペラだった!旦那・本木雅弘との結婚生活は順調?

更新日:

 

ひまぱんだ
樹木希林さん、亡くなっちゃったんだね。。。

 

「万引き家族」とか、「歩いても歩いても」好きやったわ
忙しいトリ

 

この記事で分かる事

内田也哉子の経歴

・本木雅弘との馴れ初め、子ども、結婚生活について

・娘から樹木希林への言葉(弔辞)、家族のエピソード

今回は、樹木希林さんの娘さんである内田也哉子(ややこ)さんについてザックリですが、まとめさせていただきたいと思います。

樹木希林の娘・内田也哉子は英語ペラペラの才女だった!

内田也哉子の旦那さんである本木雅弘さんとの結婚生活の話に入る前に、まずは、知らない方のために内田也哉子さんがどんな人なのか、簡単にプロフィールを交えてお話しさせていただきたいと思います。

出典元:yahooニュース

プロフィール

名前:内田也哉子

生年月日:1976年2月11日(43歳)

配偶者:本木雅弘(1995年~)

子ども:3人(うた、きゃら、げんと)

職業:エッセイスト、歌手、女優

内田也哉子さんは「ロケンロール!」でお馴染みの内田裕也さんと、大女優・樹木希林さんの間に生まれました。二世と言うと、何かと親の七光りと言われることが多いですが、内田也哉子さんは、9歳の時点でニューヨークに一年間ホームステイを経験し、学生時代には留学先のスイスではアートを専攻、その他ニューヨークやパリなどでの海外生活を送るなど、幼少期からグローバルな教育を受けていた才女です。絵本の翻訳の仕事も手掛け、その他「両親との思い出」を綴った、エッセイなども書かれています。また、音楽活動などもされていて、動画内では流ちょうな英語を聞くことが出来ます。

 

ひまぱんだ
英語しゃべりたいな~。自分も留学しよかな

 

家すら出れないニートのお前には無理やで
忙しいトリ

 

ひまぱんだ
しんらつ~

 

樹木希林の娘・内田也哉子と本木雅弘との結婚

出典元:pinterest

内田也哉子さんは、ジャニーズの3人組アイドル「シブがき隊」の元メンバーである本木雅弘さんと1995年(当時内田也哉子さんが19歳の時)に結婚しました。雅弘さんはというと、当時29歳でした。

 

ひまぱんだ
19歳で結婚って早くない?

 

その年で、10歳差はデカいよな
忙しいトリ

 

内田也哉子と本木雅弘の馴れ初め

出典元:芸能人の旦那特集

本木雅弘さんは「魚からダイオキシン!!」という1992年に放映された映画で内田裕也さんと共演する機会があったんですが、出演者による会食に当時15歳だった也哉子さんが同席したのが二人の出会いのきっかけです。当時は、10歳差という事でお互いに恋愛対象に見ることはなかったそうです。そんな中、雅弘さんが海外の取材を受けることになり、通訳としてそこに同行したのが也哉子さんでした。雅弘さんの也哉子さんに対する第一印象は「ルックスは若いのに、しぐさとかたたずまいが大人みたいでアンバランスな感じ」との事で、也哉子さんは15歳という年齢で精神的にすでに、かなり大人びていたことが伺えます。

也哉子さんが、高校生になって留学してからは文通を交わし、その数年後、雅弘さんは也哉子さんの元に花を持って会いに来たそうです。そこで、「こんなこと今言うのも変かもしれないけれど・・・・もしいつか ややちゃんが、結婚したいなと思う時期が来たら選択肢の中に入れといて」とプロポーズしました。後に、雅弘さんは出会ってからずっと求婚し続けていたと語っているそうですが、それだけ也哉子さんが魅力的だったという事でしょう。

中には、「未成年に手を出した」という事で、雅弘さんに対して「ロリコンじゃん」というような厳しい意見も見受けられました。

 

ひまぱんだ
手厳しいね(笑)

 

どんなにイケメンでも言われるんやな(笑)
忙しいトリ

 

内田也哉子と本木雅弘のこども

也哉子さんのプロフィールでも軽く触れましたが、也哉子さんと雅弘さんの間には三人のお子さんがいらっしゃいます。

出典元:朝日新聞デジタル

一家の長男である内田雅樂(うた)さんは也哉子さんが21歳の時に生まれました。現在(22歳)は190㎝という高身長を生かしパリのモデル事務所に所属しており、その他にも海外の大学の方でバスケットをされています。

その他にも、父である雅弘さんと親子でCM共演などもされています。

 

ひまぱんだ
190㎝って羨ましいなぁ~

 

お前が190とか、ただのバケモノやんけ(笑)
忙しいトリ

 

長女である伽羅さんは、也哉子さんが23歳の時に生まれました。2015年映画「あん」では、祖母である樹木希林さんと共演を果たしました。現在(20歳)は、イギリスで学業に専念されているそうです。

出典元:web.archive

動画の要約

動画内で、伽羅さんは祖母である樹木希林さんとの共演はどうでしたか?という質問に「仕事をしている祖母の姿は普段とあまり変わらず、とても祖母らしい」という風に思ったそうで、家族の前でお芝居するのは少し恥ずかしさもあったそうです。伽羅さんが一番頑張ったとされる雨のシーンはカットされてしまったという事で、樹木希林さんが残念がっていました。

 

ひまぱんだ
樹木希林さん面白いね(笑)

 

自虐もユーモアがあるよな(笑)
忙しいトリ

 

出典元:朝日新聞デジタル

次男である玄兎(げんと)くんは、也哉子さんが34歳の時に生まれました。現在(9歳)は小学4年生ですが、今後兄や姉のように留学することも考えられています。

 

ひまぱんだ
三人とも名前カッコいいなぁ~

 

伽羅とか、俺にはキラキラネームに見えちゃうわ(笑)
忙しいトリ

 

内田也哉子と本木雅弘の結婚生活は順調?

亡き父・内田裕也さんに映画の食事会に呼ばれ、同席していた本木と15歳で出会った。亡き母・樹木希林さんは、「普通」の人と結婚してほしかったというが、本木が16代続く農家であることに感動。「ひとつの土地に16代、何百年も根ざす、辛抱強さだったり、謙虚さだったり、お米を作れる…その生命力に母がやられて。職業というより、DNAに(やられた)」と微笑みながら振り返った。本木からは「17歳の時に結婚という話が出た」という。当時本木は27歳。「初めて二人でご飯食べに行った時、『もし将来、結婚とか考えた時、選択肢に入れといてね』って言われて」と述懐。結婚生活について「本当にいろんな危機もあったけど…、いきなり結婚ってなっちゃったからギャップに苦しんだり…。(でも)本木さんのしぶとさ、というか、忍耐力で持ったかな」と話した。

引用元:yahooニュース

1995年に結婚されたお二人ですが、2019年現在も不倫や離婚という話は一切出てきていません。結婚当初は、お互いの価値観の違いで大喧嘩することもあったそうですが、今では「お互いどういう風に許容していくかってことが夫婦のカギなんですよ」とお互いに尊重し合いながら仲睦まじい家庭を築かれているようです。家事や育児など家庭の事は、雅弘さんも全面的に協力しているらしく、子どもたちが海外に留学し寮生活を送る際にも、まず手伝いに行くのが雅弘さんなんだそうです。

 

出典元:asahi.com

服を好きに買うようになったのは17歳のときから。15歳のときいまのダンナさん(俳優の本木雅弘)に出会い、何かのお祝いに買ってくれました。彼は服がとても好きで、アイドル時代もインタビューに合わせ、必要となれば自分で店に借りに行き、用意していたと言います。海外でファッションの修業をする夢も持っていたそうです。そんな洋服好きの男性と、全く買ったことのない女性が出会ったのです。初めて連れて行ってくれたのは、コム・デ・ギャルソンの本店でした。メンズのミリタリー的なオールインワンを選ぶと「似合う」と言ってくれ、いまもその服は大事に着ています。

引用元:asahi

15歳の時に雅弘さんに買ってもらったコムでギャルソンの服を今でも大切にされているそうです。

中には、「美人のようには見えないしなんで結婚したの?」という人もいらっしゃったようですが、樹木希林さんに向けた也哉子さんの弔辞(ちょうじ)を見て、納得される方も多かったです。

 

ひまぱんだ
弔辞ってなに?

 

簡単に言うと、亡くなった人に贈る言葉やな
忙しいトリ

 

娘・内田也哉子から樹木希林への言葉(弔辞)、家族のエピソード

私が結婚するまでの19年間、うちは母と私の2人きりの家庭でした。そこにまるで、象徴としてのみ君臨する父でしたが、何をするにも私達にとって大きな存在だったことは確かです。幼かった私は不在の父の重すぎる存在に、押しつぶされそうになることもありました。ところが困った私が、なぜこのような関係を続けるのかと母を問い詰めると、平然と、だってお父さんにはひとかけら、純なものがあるからと私を黙らせるのです。自分の親とはいえ、人それぞれの選択があると、頭ではわかりつつも、やはり私の中では、永遠にわかりようもないミステリーでした。

引用元:スポニチ

樹木希林さんへの弔辞からは、也哉子さんの母に対する思い、その他にも父・内田裕也さんにも向けられた聡明さを感じられるメッセージでした。

 

母は常々、「自分の死んでいく姿を見せたい」と話していました。あの時の空気は、玄兎の出産を家族みんなで見守った時の空気とすごく似ていた。命と密接に向き合うこと。母の意図を理屈抜きで理解しました。どんな人にも等しく死が訪れる。自然の摂理の中に私たちはいるんだと。するとかけがえのない日々に自然と感謝の気持ちがわく。悲しい、寂しい、以上の人間の営みを教えてもらいました。母の死は何ものにも代えがたい大きな贈り物です。

引用元:朝日新聞デジタル

樹木希林さんが亡くなられた1年後の也哉子さんのインタビューでは、「母の死は大きな贈り物になった」という風に語られていました。

 

出典元:yahooニュース

自身が子供のころは、「あたたかいお母さんっていうよりは、ヒリヒリした威圧感のある母だった」と振り返った也哉子さん。当時から希林さんの知人が亡くなると、通夜などに也哉子さんを同席させていたと明かし、「必ず連れて行くんですよ。お通夜でも、(亡くなった人の)顔を見なさいって言う。私はすごくイヤだったし意味が分からなかったけれども、のちに言っていたのは『さっきまで生きていた人がこうやってパタって死ぬんだよ』って。つまり人生っていうのは、はかないってものだし、だからこそ生きている人たちがより鮮やかに見えるって」と、死生観に関するエピソードを披露した。

引用元:yahooニュース

樹木希林さんの死生観や、物に対する価値観などの教えに対して、也哉子さんは「当たり前の生き方をするっていうことは、母と父が破天荒の極みだったから、むしろ尊いものとして、叩き込まれて」と内田裕也さんも引き合いに出して「自分は今でもバランス感覚がとりづらい。過激なのを見て育ったわりには、普通であることが素晴らしいと教わった」と笑いながらお話しされていました。

樹木希林さんの演技が素晴らしいのはもちろんの事ですが、樹木希林さんの生き方そのものがとても魅力的で亡くなった今でも、多くの人の心に深く残っています。

 

ひまぱんだ
「歩いても、歩いても」の演技も真に迫ってて最高だったよ

 

あれは、全員見るべきよな(笑)
忙しいトリ

 

以下の動画は、樹木希林さんが癌との闘病生活をして感じてきた人生観についてお話しされているもので

私自身もそうですが、樹木希林さんの言葉から、学べること励まされることも沢山あるので人生に迷った時は、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、樹木希林さんの娘さんである内田也哉子(ややこ)さんについてお話しさせていただきました。

ポイント

・樹木希林の娘は内田也哉子

幼少期から海外で過ごす才女

・女優、随筆家、音楽活動も

子供は三人、二人は海外へ

旦那は元シブがき隊の本木雅弘

・プロポーズが感動的

・今でも結婚生活は順調

樹木希林から大きな贈り物をもらった娘

これで今日の井戸端会議は終了です。

それでは、また(^^)/

 

 

-芸能

Copyright© 暇人たちの井戸端会議 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.