芸能

水溜りボンドが炎上?カンタに彼女が出来た?今までに起きた炎上騒動のまとめ

更新日:

 

ひまぱんだ
こんにちはー

今回は、現在チャンネル登録400万人を超える水溜りボンドさんのこれまでに起きた炎上について調査していきたいと思います。

水溜りボンドが炎上?

出典元:エンタメスクランブル

『YouTube界のNHK』ともいわれる、健全さが売りの水溜りボンドが炎上なんてするの?

水溜りボンドさんにはそもそも炎上というイメージがないため、そう思われる方もいらっしゃるかと思うんですが確かに水溜りボンドさんは炎上したことがあります。

過去の、炎上も含めて全てまとめてお話ししていきたいと思います。

私自身、水溜りボンドさんは好きでよく見ていますが、今回は公平な立場で情報発信していきたいと思います。

 

①ノートをレンジに入れてボヤ騒ぎ

出典元:ネクスト速報

水溜りボンドさんにとってはこれが一番大きい炎上で、最終的にはお二人が謝罪動画を出すまでに至りました。

水溜りボンドが、「フリクションボールペンで字を書いたノートをレンジでチンすると字が消える!」という内容の動画を出したのですが、これを真似した小学生がボヤ騒ぎを起こしたとして、その子の親がブログに書き、炎上というのが事の顛末のようです。

フリクションペンというのは、摩擦熱で文字を消すという仕組みのペンで、それをレンジで温めれば、原理として字が消えるという企画を、小学生が真似し、限界までレンジでチンをしてしまったがためにボヤ騒ぎになってしまいました。

どうやら、その小学生はフリクションペンと鉛筆の区別がつかず、温めても消えないノートを何度もレンジにかけてしまったがために、そのような事故に繋がってしまったようです。

また、その父親がブロガーだったこともあり、そのことについて議論が起きました。

「一見どんなペンで書いても消えると誤解されるようなタイトルでした」「タイトルだけ見るとあたかもすごい魔法のように大げさなタイトルになっています」
ノートを電子レンジで加熱する危険性に関する説明が一切ない。
子どもの視聴者が多いと思われるにもかかわらず、「必ずお父さんやお母さんと一緒にやってください」という配慮がない。
ワット数や加熱時間に関する具体的な情報が出てこない。(ノートを電子レンジに入れて「どう?そろそろいいかな?」みたいに話しているだけ)
扱いを間違えると今回のような事故が起きる可能性があるにも関わらず、「みんなもやってみてください!」という無責任な呼びかけで動画が終了している。
そもそも電子レンジはノートを加熱するものではないので、そういう行為を不特定多数に向けて発信すること自体間違っている。
「動画を投稿した本人たちはそこまでの危険性があるとは自覚していない」

引用元:裏芸能人最新の噂特集

そのような批判をする中で、水溜りボンドファンなどが次のように反論が起こりました。

「子どもの安全への配慮」はユーチューバーがするものではなく、親がするものでは?

そもそも、Youtube利用規約には「13歳未満の子供は利用しないで下さい」と書いてありますけど?

そこで、そのお父さんブロガーの方も反論が出来なくなってしまい沈黙を貫いていたところ、それまでに大々的に水溜りボンドを叩いていたために、ファン側はさらにヒートアップ。

それによって、大きく炎上してしまったようです。

今回の件では、その父親ブロガーを叩く人が多いよう思いますが、水溜りボンドさん側にも考える余地はある様に思えます。

もちろん、配慮をするのはユーチューバーではなく、その責任はYouTube運営であったり、親にあるべきでしょう。

しかし、今回の企画に関しても子供向けに作っている以上、その子供たちが間違った解釈をしないように努める必要は、影響力がある分気を付けなければいけない存在になってしまったのかもしれません。

どちらか一方が、すべて悪いという風に考えるのではなく、どうしたら同じことが起きないように未然に防ぐか考える事こそ、建設的な議論が出来るように私には思えました。

 

②西成区をスラム街発言

出典元:LogTube

こちらも、すでに動画は非公開にされているんですが、大阪の西成区にお弁当を買いに行くという動画でした。

その動画のサムネイルに西成区はスラム街というような表現したことで、大阪府民を中心に反感を買ってしまったようです。

スラム街って言っちゃうのはちょっとまずくない?

そこに住んでる人、働いてる人いっぱいいるのに、スラム街って表現は良くないと思うなぁ。現に知り合いが働いてるから余計に観てて嫌な気持ちになってしまった。

スラム街はダメだよ...関東の人は馴染みないかもだけど、関西はまだ色濃く残ってるから。正しい情報を伝えるべきですよ...

確かに治安悪いけど、日本一とかスラム街はいいすぎ。。。失礼だし、ものすごい気悪いわ。

自分達の知らない世界を面白半分で訪れては、再生数稼ぎの為に見世物小屋の如く嘲笑いをしながら撮影をやっているだけでしかない

引用元:LogTube

西成区に住んでいる人が、同じ動画を出していた場合は反応もまた違ったのかもしれません。

サムネイルは分かりやすく興味を引くものにしたいという気持ちも分かるんですが、結果として多くの人を不快にさせてしまうとなると、先ほども言ったように、今までのように好き勝手出来るような小さな存在ではなくなったという事でしょう。

 

③伝統工芸品を接着剤で固める

これは、動画も残しつつ、沈静化していることからプチ炎上といえばいいでしょうか。

動画のグッド評価320000バッド評価8000ほどなので、批判的な人は一定数いるようです。

以前、はじめしゃちょーさんがニベアクリームで浴槽をいっぱいにした動画が炎上していましたが、こちらも炎上した原因は近い所にあるように思います。

昔でいえばドリフターズも戦後、食べ物が今よりも大切にされていた時期に、食べ物を粗末にするようなコントをして叩かれていました。

これは、大衆の価値観がどこにあるかという話にもなってきます。

コーラは良いけど、ダチョウの卵はダメ。

ローションはいいけど、ニベアはダメ。

これの線引きは非常に難しく、多数派に迎合すればいいという話でもないので、全て視聴者に言われたとおりにするのではなく動画を残している、水溜りボンドさんやはじめしゃちょーさんの意志表示も間違ってないように思います。

これは、どちらが正しくてどちらが間違っているという様な単純な話ではないというのが、非常に難しい所であります。

 

④視聴者ドッキリ

こちらは、配慮が足りないというよりも、騙されたいう腹立たしさから動画のバッド評価が増えてしまったようです。

・こういうドッキリは誰がやってもおもんない。
・これが批判される理由って要は元ネタが批判あったからでしょ
しかも三股野郎のネタだし
・他人の真似すんじゃなくて自分たちのネタでドッキリしてくれよ
・こーゆうドッキリって需要あるん?
・こういうドッキリはいらない

引用元:YouTuber大図鑑

元ネタは、はじめしゃちょーさんの動画なんですが、はじめしゃちょーさんを嫌う人からの批判も集まってしまったようですね。

 

⑤カンタに彼女が出来る?

画像元もなかったため真偽のほどは分かりませんが、コメント欄ではuuumのマネージャーさんと皆さんおっしゃっています。

また、画像ではカンタさんのほくろのがまだあるという情報から、かなり前の画像をいたずら目的で持ってきた可能性が高いでしょう。

こちらの動画では、癌化することも考えてほくろの手術をしたという報告をされています。(動画投稿日2月21日)

彼女と思わしきツイートの写真の投稿は、6月22日で、実際に撮った写真であれば、ほくろがあるのはおかしいという事になります。

もちろん、過去に撮った写真を後から、投降したというのも考えられますが、投稿もそれ以降されておらず捨てアカウントのように思えます。

たとえ、彼女がいたとしても問題はないんですけどね(笑)

 

⑥有料動画流出(炎上してる?)

出典元:FromA

水溜りボンド、東海オンエア、フィッシャーズなどUUUM所属のユーチューバーがこぞってプレミアム会員・有料会員機能を開始したことで話題だけど、その有料会員動画は限定動画というURLがわかれば動画を見れるシステムらしく、ツイッターで悪質な有料会員ユーザーがURLを公開しまくってるらしい。

引用元:ようつべ村

これは、水溜りボンドの問題というよりも、完全にYouTube側の不備なんですが、それによって純粋に水溜りボンドが好きで有料会員になった人が、損をする構造になってしまっています。

ワードとして炎上と出てきましたが、これは炎上ではなく読者の気を引くための、ただのガセの可能性もあります。

もちろん、実際に有料会員の件でトラブルがあったかもしれませんが、それによって炎上したという情報は出てきませんでした。

水溜りボンドさんも、人間ですし間違えることはありますから、私はそんな彼らを一ファンとしてこれからも温かく見守っていきたいと思います。

そして、今後もダメな時はダメと言えるような公平な立場を守らせていただきます。

 

まとめ

今回、水溜りボンドさんの炎上に関して調べさせていただきましたが、調べる中で、いかに情報をそのまま鵜呑みにすることが危険であるか実感しました。

みなさんも、物事を一面から見ただけで判断するのではなく、情報をしっかり精査したうえで、SNS上で情報発信していただけると幸いです。

これで今日の井戸端会議は終了です。

それでは、また(^^)/

  • この記事を書いた人
ひまぱんだ

ひまぱんだ

誰もが気になっているこんな話、誰も興味がないあんな話を、斜め上からの目線でだらだらと垂れ流していくブログです。三度の笹より、ネット好き。少しでもみなさんの役に立つ情報を発信していけたらと思うので、どうぞよろしくお願いします。

-芸能

Copyright© 暇人たちの井戸端会議 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.